地球温暖化問題のTOPに戻る
「地球温暖化問題」トップ >  温暖化のメカニズム > 地球温暖化がおよぼすもの




地球温暖化がおよぼすもの

18世紀後半から始まった産業革命以来、石炭や石油を利用して人間の活動が飛躍的に拡大しました。
その結果、温室効果ガスといわれる地球の温暖化を促進する二酸化炭素などが大量に増加し、地球の気温を上昇させてきました。
そして、地球の平均気温は1906年から2005年までの100年間で0.74度上昇し、地球の気候にまで影響する事態となっているのです。
この現象を地球温暖化といいます。
地球温暖化は単に気温が上昇するだけでなく、異常な高温や豪雨、干ばつ、大きな台風の増加など大きな気候変動を伴います。

2007年に公表されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次評価報告書によると、20世紀末に比べて2度以上気温が上昇すると地球全体で沿岸地域における洪水被害、水不足、食糧生産の低下などの被害が出てくると述べられています。
地球全体の気温が2度上昇するということは、毎日の気温の変動は違い、地球全体のシステムを根本から変えてしまうのです。
現状では、地球の平均気温は20世紀末に比べて2100年までに1.1〜6.4度上昇すると予測されています。

地球の平均気温を20世紀末と比べて2度未満の上昇に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素の総排出量を現在の15〜50%の減らす必要があるとされています。
このため、地球の気候変動を防ぐために早急な対策を取ることが世界各国に求められています。
日本のクール・ビズやチーム・マイナス6%の取り組みもその対策の1つです。