地球温暖化問題のTOPに戻る




エネルギーの見直し

化石燃料とは、1億年以上前の地中に埋もれた動植物が時間をかけて変化してできた燃料で、石炭、石油、天然ガスなどのこと。
18世紀、イギリスで始まった産業革命では、石炭を燃料とする蒸気機関車の発明から、飛躍的に石炭が燃料として使われるようになりました。
20世紀後半には、燃料は石炭から石油の時代へと変化し、先進国の大きな経済成長により、エネルギー消費が急増しました。
エスカレートする豊かさや経済発展の追求により、化石燃料の消費が大きくなり、それによって地球環境悪化の問題が起こり、地球温暖化を加速してしまいました。
日本では、第一次石油危機の発生後、石油以外の天然ガスや原子力の利用が進んでいます。

限りのある化石燃料に依存した結果、エネルギーの枯渇問題が発生しています。
2006年現在、エネルギーの可採年数は、石油41年、天然ガス65年、石炭155年、ウラン85年となっています。
この対策として、持続可能な発展のために省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの開発、脱化石燃料を目指し環境負荷の少ない経済的で安定したエネルギーの組み合わせが摸索されています。

再生可能エネルギーとは、風力や太陽光など自然界に大量にあり、使用してもなくならない資源を指します。
太陽光発電、太陽熱利用、風力発電、バイオマスエネルギーなどが再生可能エネルギーです。
コスト面や供給面の安定性に問題はありますが、地球環境問題、地球温暖化への対策として導入への期待が大きいのです。



関連コンテンツ

バイオ燃料との関係

バイオ(生物)マス(量)とは、家畜の排泄物や生ゴミ、木屑などの動植物から生まれた再生可能な有機資源のことです。 家畜の排泄物のたい肥利用・メタンガスの生成、製材工場等の残材からのエタノールの抽出、下・・・

パーム油と森林の減少

パーム油とは、アブラヤシ(オイルパーム)から取れる油のことです。 2005年には大豆油を抜き、パーム油が世界で一番多く使われる食用油になりました。 現在は食用だけでなく、石油代替や地球温暖化の対策・・・